アライグマによる屋根裏侵入|危険な害虫や害獣の駆除

危険なスズメバチの駆除

ハチ

日本特有の害虫の中でも代表的なものとして、スズメバチと呼ばれる蜂がいます。スズメバチは衛生害虫に分類される害虫で、人体に影響を及ぼす毒を持った危険な害虫です。スズメバチによる被害は毎年発生しており、その中には死亡者も含まれています。被害が多い原因としては、スズメバチ自体の攻撃性の高さに加え巣作りが人間の生活圏内で行われているといった点が挙げられるでしょう。スズメバチの巣は倉庫の屋根端や軒下などに作られることが多々あり、気づかずに近寄ってしまった際には群れに襲われてしまうことになります。
スズメバチは春から夏に掛けて巣作りを開始し、その段階では働き蜂の数も少ない状態です。攻撃性も比較的に低いため、1月から6月に掛けての駆除は比較的容易に行えるでしょう。比較的容易といっても、危険度は高いです。最悪の場合、命を落としてしまうかもしれません。そのため、駆除を行う際には1月から6月であっても専門の駆除業者に依頼することが大切なのです。専門の駆除業者であれば、全身を覆う防護服を着用しスズメバチに効果的な薬剤を用いて安全に駆除することができます。また、1月から6月までの依頼であれば7月から12月での依頼に比べ駆除費用が安く済むでしょう。7月から12月は巣が大きくなり、働き蜂も増え攻撃性も増します。そのため、専門の駆除業者であってもその駆除はリスキーなものとなるのです。そういった理由により、7月から12月における業者への蜂駆除依頼というのは、1月から6月における以来に比べ割高になってしまいます。